更年期障害 治療 シール

Sponsord Link


シールを貼る更年期障害の治療もある

ホルモン補充療法(HRT)による更年期障害の治療は、飲み薬の他にもシール(パッチ=貼り薬)や塗り薬を使う補充方法もあります。
ホルモン補充療法を飲み薬で行う場合、胃腸から肝臓を経るので、内臓の弱い方には負担になります。
しかしシールなら、塗布された女性ホルモンが皮膚から毛細血管を通じて吸収されるので、内臓に負担をかけずにすみますし、女性ホルモンの血中濃度も安定します。
更年期障害の治療のためのホルモン補充用シールの使い方ですが、「エストラダームM」のように毎日貼り替えるタイプと、「フェミエスト」のように週に2度貼り替えるタイプがあります。
いずれにしても定められた使用方法は守るようにします。
ホルモン補充療法では、エストロゲンを単体で投与すると子宮内膜癌にかかるリスクが高くなるので、プロゲステロンも補充するケースが多いのですが、プロゲステロン単体のシールは発売されてないので、飲み薬に頼るしかありません。
ただし「メノエイド」のように、エストロゲンとプロゲステロンの両方を補充できるシールもあります。

 

シールによる更年期障害の注意点

シールによるホルモン補充療法で更年期障害の治療を行う前も、十分な検査を受ける必要があります。
もしも肝障害、異常性器出血、乳癌、子宮内膜癌、血栓性静脈炎などがある方は、悪化させてしまうため使用できない場合もあります。
飲み薬で行う更年期障害の治療と同じように、シールによる治療でも、必ず医師の指示通りに貼り付け、忘れたからと2回分を1回で貼らないようにします。
シールで更年期障害の治療を行う場合も、めまいや子宮出血、かぶれなどの副作用が表れる事もあるので、医師や薬剤師とよく相談して、自己判断で治療を止めたりしないようにして下さい。
そして、シールによる更年期障害でも、飲み薬の場合同様、子宮体がんや乳がんがないか、定期的な検診をして下さい。

Sponsord Link