更年期障害 治療 イライラ

Sponsord Link


更年期障害の治療でイライラ解消

最近、些細なことでイライラしたり、頭痛、肩こりがひどくなったし、上半身がほてったり、のぼせて、暑くもないのに大汗をかくことがある。
とても落ち込んだ気持ちになって、なんだか涙も出てくる。
そういった40代後半の女性は、更年期障害を疑ってみた方がいいかもしれません。
女性の健康は女性ホルモンの影響を強く受け、それが不足する事によって様々な症状が表れてきます。
女性ホルモン分泌の司令を受け持つ視床下部は、自律神経のコントロールを受け持つために、卵巣が十分な女性ホルモンを分泌できないと司令を出し続け、混乱して自律神経失調症になり、夜眠れないとか、のぼせやほてりなどのホットフラッシュを引き起こします。
一度、婦人科などで検査をしてもらう事をオススメします。
それによって更年期障害が原因のイライラか、他に原因があるのかわかります。
イライラの原因が更年期障害にある事がわかったら、更年期障害の治療を行う事により、イライラを解消するようにします。
治療方法としては、ホルモン補充療法(HRT)がオーソドックスで、更年期障害の症状のホットフラッシュに対して効果的です。

 

HRT以外の更年期障害の治療方法でイライラ解消

でもHRTが体質に合わない方もいらっしゃいます。
その場合、漢方薬や“命の母A”など試してみるのもいいかもしれません。
HRTのように女性ホルモンを補うのではなく、女性ホルモンの分泌が減少してなくなってしまう更年期のプロセスに身体が慣れて、老年期を迎えるまで、辛い症状を凌ぐことができればいい、という考え方です。
そして更年期障害の症状をあまり気に病みすぎないようにしましょう。
同じ更年期でも、家庭環境やご本人の気質によって、症状が増幅されたり縮小されたりするからです。
散歩をしてイライラを解消したり、一人で悩まず、お友達やネットで更年期障害の治療について相談してみるのもいいでしょう。

Sponsord Link