更年期障害 治療 エストラーナ

Sponsord Link


エストラーナによる更年期障害の治療

更年期障害は女性ホルモン不足によって起こる症候群ですから、その治療法としては足りない女性ホルモンを補ってあげる「ホルモン補充療法」が理に適っています。
補充方法としては、薬を服用する、ジェル(塗り薬)を皮膚に塗って補充する、貼り薬を貼って皮膚から補充する方法があります。
薬を飲む補充方法の場合、必ず肝臓を経る事になるので負担がかかりますし、肝機能障害がある方は行えません。
その点、ジェルや貼り薬で女性ホルモンを補充する方法でしたら、内臓に負担をかけずに、無理なく女性ホルモンを血中に吸収することができます。
そんな皮膚を通じて女性ホルモンを補充して更年期障害の治療を行う医薬品の一つに「エストラーナ」というものがあります。
エストラーナの成分は、エストロゲンの主成分でるエストラジオールで、主に更年期障害のホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)、泌尿・生殖器の萎縮の萎縮や骨粗鬆症の改善効果があるといわれてます。

 

エストラーナによる更年期障害の治療の注意点

エストロゲンは乳癌、子宮内膜癌、脳血栓、脳卒中の疑いがある方には使用できませんし、乳がんのリスクが高くなるので、5年以上の長期使用は避けた方がいいです。
また子宮内膜症のリスクも上がるので、それを避けるために、専門医の指導の下で黄体ホルモンを摂取するケースもあります。
エストラーナに限らず、貼り薬はそれ自体がかぶれの原因になるので、毎回貼る位置を少しずつ変える必要がありますが、説明書で指定されている部分(下腹部や臀部)以外には貼らないようにしてください。
いずれにしても、エストラーナのような貼り薬を使った更年期障害の治療でも、初めから婦人科の医師の指導の下で行い、途中で定期的な検診も必要です。
治療中に何らかの副作用が表れたら、勝手に自己判断で中断しないで、まずは医師に相談して、その指示を仰ぐようにしてください。

Sponsord Link