更年期障害 治療 サプリメント

Sponsord Link


大豆のサプリメント化による更年期障害の治療

更年期障害は女性ホルモン不足に原因があるので、その治療法は足りないホルモンを補ってあげる「ホルモン補充療法」(HRT)が理に適っています。
でも、どうしてもHRTが体質に合わない方や、HRTに対して不安な方もいらっしゃいます。
あるいは更年期障害の症状が比較的軽くて、婦人科医師の指導のもと本格的なHRTを受けるまでもない。
そういった方は、ご自分で生活習慣や食事を工夫して、更年期障害の症状を緩和する方法を選ぶ事もできます。
特に大豆の胚芽部分に多く含まれるイソフラボンは、その化学構造がエストロゲンとよく似ていて、摂取することにより更年期障害の症状をある程度緩和する効果があると言われてます。
大豆に含まれるイソフラボンを効果的に摂取して更年期障害の治療を行うため、サプリメントの形に凝縮されたものも市販されています。
ただし、更年期障害の治療にイソフラボンのサプリメントを使うと、どうしてもイソフラボンの過剰摂取に繋がりやすく、副作用が表れる恐れがあるため、なるべく納豆や煮豆、納豆など食品の形のままで摂取する事が推奨されています。

 

様々なサプリメントで更年期障害の治療をする

更年期障害の治療目的で、女性ホルモンの代用としてイソフラボンのサプリメントを摂る他にも、更年期障害の症状を緩和してくれるサプリメント、例えばリラックス効果があり不眠症を緩和するレモンバームなどを摂る方法もあります。
それと更年期障害は老化によって起こるので、少しでも老化を遅らせるための生活習慣の改善も重要です。
アンチエイジングに効果的な、栄養バランスに優れた食事を補助するためのマルチビタミン剤、マルチミネラル剤、ローヤルゼリーなどのサプリメントを利用するのも良いでしょう。
いずれにせよサプリメントさえ摂っておけば更年期障害の治療ができるわけではありません。
やはりバランスのとれた食事や運動を続ける事も大切です。

Sponsord Link