更年期障害 治療 ホルモン

Sponsord Link


女性ホルモン補充で更年期障害の治療

およそ女性の一生は女性ホルモンに強い影響を受けます。
思春期頃から分泌が盛んになる女性ホルモンも、最初は不安定ですが女性らしさを生み出し、20代なかばを越えるあたりからは安定して分泌されるようになります。
それから30代〜40代の女盛りを過ごした後、40代後半から50代前半の更年期を迎える頃が一つの節目です。
卵巣が老化してきて、若かった頃のように十分な女性ホルモンを分泌できなくなります。
それによってホルモン分泌の司令塔であり自律神経調節も司る視床下部が混乱してしまい、自律神経失調症を来す状態、それが更年期障害の典型的な症状の“ほてり”や“のぼせ”、イライラ、不眠などを引き起こします。
さらに骨量を維持したり、コレステロール値を抑えるなど、身体を健康に保つ様々な効果がある女性ホルモンが不足する事自体も、体調を悪化させる原因です。
やがて閉経して老年期を迎えれば、女性ホルモンが足りない状態にも身体が慣れていきますが、それまでの期間が一苦労です。

 

ホルモン補充療法による更年期障害の治療

更年期障害で表れる症状は、その方の体質や性格などによって変わってきます。
辛い症状が殆ど出ない方、症状が軽くて、運動や食事療法や漢方などだけで凌ぐことができたまま、老年期に入る方もいらっしゃいます。
しかし、そうじゃない方はホルモンを補充をするなどして更年期障害の治療をしていかないと毎日が辛いのです。
そこで、慣れるまでの間、足りないものを補ってあげようという更年期障害の治療が「ホルモン補充療法」(HRT)です。
HRTは女性ホルモンを経口剤(飲み薬)や経皮剤(貼り薬、塗り薬)で投与します。
手術などで既に子宮を切除済みの方以外は、エストロゲンを単体投与すると子宮内膜がんのリスクが高まるので、プロゲステロンも投与します。
その他にも、投与中に定期検査をするなど医師の指導のもとで正しく行う必要があります。

Sponsord Link