更年期障害 治療 不眠

Sponsord Link


更年期障害の治療で不眠症も治す

女性の一生は性周期の強い影響を受け、女性ホルモンの分泌周期によって睡眠が十分とれたり、浅い眠りしかとれなくなります。
これは月経前に分泌される黄体ホルモンが睡眠を阻害する働きがあるからです。
1998年の「健康・体力づくり事業財団」による調査によれば、不眠に悩む方が男性では17.3%なのに対して、女性は21.5%と、多めの結果が出てる事にも表れています。
女性には月経の他にも出産や夜中の授乳など、どうしても安眠に悪影響を及ぼす環境が多いのも、その理由かもしれません。
さらに年を重ねると、更年期障害による自律神経失調症で不眠症になる方もいらっしゃいます。
更年期障害が原因の不眠症の場合は、更年期障害の治療によって不眠症も改善していくようにする方法があります。
日本ではあまり普及してないのですが、更年期障害の治療といえば「ホルモン補充療法(HRT)がよく知られています。
特にのぼせやほてりなどのホットフラッシュに有効なので、夜中に目が覚めたり、なかなか寝つけない方は、このHRTによってそれを緩和し不眠症も改善するのも良いかもしれません。

 

更年期障害の治療法以外で不眠症を治す

更年期障害に用いられるホルモン補充療法の他にも、「加味逍遥散」など漢方薬で不眠症を改善する方法もありますので、HRTでは体質が合わなくて無理という方にオススメです。
加味逍遥散は不眠症の他にも、肩こりや頭痛、イライラなど更年期障害特有の不定愁訴を治療する事ができますが、痩せ型で体力がないタイプの女性には別の処方の方がいいかもしれません。
更年期障害の治療以外で不眠症を解消する方法として、他には睡眠導入剤に頼る方法もありますが、その他にもメラトニンを補給する方法もあります。
メラトニンはアメリカではサプリメントとして自由に買うことができますが、日本では医薬品扱いなので、医師と相談して使用する事をオススメします。

Sponsord Link