更年期障害 治療 高血圧

Sponsord Link


更年期障害の治療を要する高血圧

高血圧症は多くの場合、高齢者かどうかは関係なく罹る生活習慣病です。
しかし年齢が40代後半以上の方で、それまで高血圧症がなかったのに、急にほてりやのぼせ、動悸、腰痛、肩こりなどの症状が一緒に出てきたケースの場合は、更年期障害が原因かもしれません。
高血圧症も、のぼせや動悸、めまいなどと同じ、更年期障害で現れる典型的な症状の一つです。
更年期障害でなぜ高血圧になるのかというと、自律神経失調失調症に陥るからです。
皆さんもご存じのように更年期障害は、老化した卵巣が女性ホルモンを十分に分泌できなくなる事に端を発しています。
そのために視床下部が何度も女性ホルモンを分泌する司令を出し続けているうちに混乱してしまい、視床下部がコントロールを受け持つ自律神経の調整まで狂ってしまうのです。
ですから更年期障害が原因の高血圧の場合、他の高血圧よりも数値が乱高下するという特徴があり、治療に一般的な降圧剤を用いると、頭痛などの副作用が出ることもあります。

 

更年期障害の治療による高血圧治療は注意深く

高血圧症は「サイレントキラー」と呼ばれ、目立った症状がなくても、徐々に健康を蝕み、脳梗塞や心筋梗塞を誘発する事もあるので、放置は禁物です。
更年期障害が原因の高血圧症の場合の治療法は、根本的な原因である更年期障害を治す事が、まず考えられます。
更年期障害の代表的な治療法といえば「ホルモン補充療法」(HRT)で、それによりめまいや動悸、ほてり等の症状と共に高血圧の治療も行います。
しかしHRTによって、かえって血圧が上がるケースもあるので、専門医とよく相談する必要があります。
高血圧症である事を気にしすぎると、それがストレスとなって余計に自律神経の働きを狂わせしまいます。
生活習慣も改善しつつ、気長に治していくようにしましょう。

Sponsord Link