更年期障害 治療 関節痛

Sponsord Link


更年期障害の治療で関節痛を治す

最近、関節痛が続くようになり、整形外科のお医者さんで診てもらったけど、リウマチ検査反応も特になく、リウマチに罹ってるというわけではない。
そんな方の中で、ほてりやのぼせ、不眠、腰痛などの諸症状を伴う場合、更年期障害を疑ってみてもいいかもしれません。
更年期障害は女性ホルモン不足が原因で自律神経失調症になるために表れる様々な症候群です。
骨や軟骨を健康に保つ働きもある女性ホルモンが十分に分泌されなくなるために骨・軟骨がもろくなり、血流も滞るため、関節痛を併発される方も多いようです。
更年期障害が原因の関節炎の場合、根本的な治療方法としてはホルモン補充療法(HRT)がよく行われます。
これは、女性ホルモンを補ってあげることにより、ほてりやのぼせ、腰痛、関節痛などを伴う更年期障害の治療を行い、複数の症状を総合的に緩和しながら治していこうという療法です。
その他、漢方処方やグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメント投与による更年期障害の治療もあります。
投薬による更年期障害の治療の他にも、食生活など生活習慣を改善することにより、関節痛や腰痛などの症状を改善することも必要です。
ビタミンDやカルシウムを含む食品を多く摂り、適度な運動を行う事により、骨や関節部分の軟骨の健康を取り戻すのです。

 

更年期障害の治療では治らない関節痛もある

関節痛を起こす病気は、更年期障害が原因のものの他にも、変形性関節症、リウマチ、痛風などたくさんあります。
単なる加齢や酷使が原因の関節痛もあり、その場合の治療法は更年期障害の治療法と異なりますので注意が必要です。
ご自分が罹っているのが更年期障害の治療を要する関節痛か、整形外科の治療を要する関節痛か、という最終的な判断を、自分だけで決めるのは危険です。
まずは信頼できる医師の診察と指導を受けるようにしてください。

Sponsord Link