更年期障害 治療 温泉

Sponsord Link


温泉で更年期障害の治療をする

更年期障害の治療として基本的な方法としては、足りない女性ホルモンを補ってあげる「ホルモン補充療法」(HRT)が、まず挙げられます。
それによって、「ほてり」や「のぼせ」などの症状が改善できたという方は多いようです。
更年期障害のほてりやのぼせは、頭だけが熱いのですが、下半身や身体の一部は、寧ろ冷え性に近いぐらい血行が良くない状態です。
そのような血行障害は自律神経の乱れが原因ですので、女性ホルモンの補充によって自律神経が正常に働いてくれるようになると、次第に治まっていくようです。
しかし、体質が合わない方や効き目が表れないという方も多いようです。
特に冬期は足が冷えてしまって、眠れない方、肩こり、腰痛がある方にオススメしたいのが、温泉に浸かって更年期障害の治療を行う温泉療法です。
特に食塩泉、硫黄泉、放射能泉などは更年期障害に良く効くといわれています。
インターネットで更年期障害の治療に有効と評判の温泉を検索してみるのも良いですね。

 

温泉による更年期障害の治療を自宅で手軽に

湯治は2週間ぐらい続けないと効果が薄いといわれますが、お仕事や家事などで忙しい女性が、2週間も更年期障害の治療目的で温泉に長逗留する事は難しいかもしれません。
今は便利な入浴剤も市販されていますから、ご家庭のお風呂で、それらを利用しするのも良いかもしれません。
だいたい30分ぐらい、下半身だけ浸かるようにすれば心臓に負担もかからず、暖まりますし、リラックスできますし、カモミールなどのアロマオイルを入れたお湯も、更年期障害に効果的と言われてます。
注意すべきは脱水症状で、必ずミネラルウォーターなどで水分を補給しながら行うようにしてください。
ホルモン補充療法などを受けている方はもちろん、それ以外の方も、かかりつけの医師に温泉療法について相談した上で行うようにしてください。

Sponsord Link