更年期障害 治療 若年性

Sponsord Link


若年性更年期障害の治療を要する人の増加

更年期障害というと閉経前後の45歳〜55歳の女性に特有のものというイメージが強いかもしれません。
確かに年配の女性に多いのですが、「若年性更年期障害」といって、20代〜30代の若さで更年期障害の辛い症状に苦しめられる女性も、最近は増えているようです。
症状としては年配の方の更年期障害と同じように、のぼせやほてり等のホットフラッシュ、肩こり、頭痛、鬱状態、食欲不振など、多くの不定愁訴が表れてきます。
膣の粘膜が薄くなったり乾燥し性欲も衰えて、性交痛のためにセックスが苦痛に感じるなど、年配の女性と同じです。
イライラする事が多くなり、肌は荒れてしまい、生理の周期が狂い、とうとう止まってしまう女性も多いのです。

 

若年性でも放置せず更年期障害の治療を行う

若年性更年期障害に罹ってしまう原因は、ストレスの影響が大きいようです。
仕事がハードすぎる事による睡眠不足、不規則な生活を続けたり、無理なダイエットやファストフード、スナック菓子しか食べないなど食生活の乱れ、度を超した飲酒や喫煙も大きな負担となります。
それらのストレスに対する調整を行うのは自律神経を調整する視床下部です。
視床下部は女性ホルモンの分泌を司令する役割もありますが、ストレスへの対応に追われて、司令を出す余裕がなくなってしまいます。
年配の方の更年期障害の場合、視床下部が脳下垂体を経て発する司令に対して、老化した卵巣が応えられないための女性ホルモンの不足状態が原因です。
若年性更年期障害の場合、卵巣機能は老化してないのですが、ストレスにより視床下部が女性ホルモンを分泌させる事ができずに女性ホルモン不足となります。
というわけで若年性更年期障害の治療もホルモン補充療法を行います。
そして、ストレスを生むような行為をやめる事も大切です。
若年性更年期障害の治療をせず、そのまま放置しておくと、無月経のまま回復できなくなってしまう事もあるので注意が必要です。

Sponsord Link