更年期障害 治療 効果

Sponsord Link


更年期障害の治療に効果抜群な療法

ある程度年齢を重ねた女性を「ほてり」や「のぼせ」、不眠、頭痛などの不定愁訴が苦しめるのが更年期障害です。
代表的な更年期障害の治療といえば、やはりホルモン補充療法(HRT)でしょう。
ホルモン補充療法は日本で利用者が少ないのですが、更年期障害の治療方法の中では、最も効果的、即効性が高いと言われています。
効果が速いとはいっても、他の治療法と比べてであり、1ヶ月〜半年ぐらいはHRTによる更年期障害の治療を続けて経過を見定める必要があります。

 

更年期障害の治療以外にも効果が期待できる

ホルモン補充療法は、更年期障害の治療の他にも、様々な効果が期待できます。
エストロゲンの減少によって視床下部の機能が不調にると、視床下部が受け持つ自律神経調整機能もおかしくなります。
それによる自律神経失調証が更年期障害の不快な症状を引き起こす要因ですが、他にもエストロゲンの減少自体が、様々な悪影響を女性の身体にもたらしています。
よく知られた話ですが、エストロゲン不足は骨密度を低くしてしまい骨粗鬆症になる恐れもあるのですが、HRTによる更年期障害の治療で、エストロゲンを補ってあげる事により、骨粗鬆症を予防できます。
他にもエストロゲンが不足するとコレステロール値が上がったり、プロゲステロン不足すると血糖値が上がったり血栓ができやすくなるのですが、HRTによって症状が改善されます。
さらにエストロゲンは女性器を健康に保つ効果もあります。
更年期のエストロゲン不足により膣が薄くなり、潤いも失われ性交痛が生じるのですが、HRTを行う事により緩和され、夫婦関係も良好に保てる、という効果も期待できます。
その上、認知症の予防にも効果があると言われているのがHRTによる更年期障害の治療ですが、日本では欧米ほど普及してないのは、ちょっともったいない気がします。

Sponsord Link