更年期障害 治療 婦人科

Sponsord Link


更年期障害の治療は婦人科がベスト

最近、夜中にのぼせやほてりがあるなど更年期障害らしき症状が出てきたら、やはりお医者さんに、しっかり診ていただいた方が良いでしょう。
そもそも更年期障害とは何が原因で発病するのでしょうか?
視床下部が分泌する「LH放出ホルモン」の命令で、脳下垂体から分泌される「卵胞刺激ホルモン」(FSH=Follicle Stimulating Hormone)と「黄体刺激ホルモン(LH=Lutenizing Hormone)によって、卵巣から分泌tされるエストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンが十分に分泌されない事が原因です。
FSHやLHの数値を血液検査で調べたりして更年期障害かどうか診断します。
とはいうものの、更年期障害なのかどうか、まだはっきり判らないのに、婦人科に行くのに抵抗感がある方も多いようで、最初は内科での診察をお考えの方も少なくありません。
しかし、やはり更年期障害かどうかの検査や治療方法、定期検診などの事などを考えたら、婦人科で診てもらうのがベストでしょう。

 

婦人科以外で更年期障害の治療を行うよりお得?

何となく体調不良を感じて、更年期障害かどうか判らないまま、診てもらうお医者さんは内科が多いかもしれません。
その結果、特に内臓の病気はない、異常なしと診断され、婦人科の受診を奨められる事もあります。
その点、内科と婦人科がある病院やクリニックなら、そのまま更年期障害の治療の相談もできますし、便利ですね。
自律神経失調症やうつ症状、腰痛などの治療だけでしたら、内科や心療内科、整形外科などでもいいのですが、その大元の原因が更年期障害にある場合は、ホルモン補充療法や検診を十分に行える婦人科の方が向いてます。
ほてりや腰痛、肩こり、不眠など、いくつかの症状がホルモン補充療法一つで解消される事もあり、経済的にもお得ではないでしょうか。

Sponsord Link