更年期障害 治療 期間

Sponsord Link


更年期に入ったら更年期障害の治療を始めるべきか?

女性が閉経する平均年齢は、だいたい50歳前後といわれ、その前後の10年間、45歳から55歳までが更年期と言われる期間で、更年期障害の治療が必要になる期間とある程度重なります。
老化によって卵巣の機能が徐々に低下してくると、視床下部が出した性腺刺激ホルモン放出ホルモンにより脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激に応えることができず、卵胞が成熟せずに十分な卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌できなくなります。
分泌できない結果は視床下部にフィードバックされ、何度も性腺刺激ホルモン放出ホルモンの放出をくりかえしてるうちに視床下部の機能が狂い、視床下部が受け持つ自律神経機能までもが狂ってくるようになります。
それが更年期障害のほてりやのぼせ、不眠、肩こり、めまいなどの不定愁訴となって女性を苦しめるのです。
更年期障害の治療期間については、何歳の時から始めて、何年たったらやめなければならない、という基準は特にありません。

 

更年期障害の治療を行う期間は本人次第

あくまでその方の体質や性格、環境、更年期障害の程度によって変わってきます。
お仕事などでストレスが多すぎる生活を続けている女性の場合、30代から更年期障害の症状が表れる事もありますし、40代後半でも、特に体調も崩れず、更年期障害の治療を必要としない方もいらっしゃいます。
エストロゲン不足から、全く分泌されなくなって閉経するまでの期間、苛まれる様々な症状を改善するため、あるいは閉経後のエストロゲン分泌がない状態が続く老年期に、身体が慣れてくるまでの期間、ホルモン補充療法(HRT)や漢方処方などによって更年期障害の治療を行っていきます。
とりあえず1ヶ月ぐらいの期間、投薬を続けながら様子をみて、効果があり苦しい副作用もない限り更年期障害の治療を行いますが、お医者さんとよく相談して続けるか止めるかを決めていけばいいのです。

Sponsord Link