更年期障害 治療 動悸

Sponsord Link


動悸がしたらまず検査。それから動悸更年期障害の治療

夜中にいきなり激しい動悸がしたり、ほてりやのぼせが出て目が覚めてしまったり、運動もしてないのに汗を多量にかくようになると、かなり不安になります。
でも、そういう時こそ焦ったりせず、冷静に深呼吸をして下さい。
たびたびそういう症状が表れるようになり、その方の年齢が40歳以上の場合、更年期障害を疑った方がいいかもしれません。
しかし、動悸がするから必ず更年期障害とは限りません。
心不全や心筋炎などの心臓の病気や、パニック障害、低血圧、低血糖症などの疑いもあります。
やはり、一度しっかりとお医者さんに診てもらった方がいいでしょう。
色々な専門的な検査の結果、更年期障害が原因の動悸だと判明したら、そのための治療を行えばいいのです。

 

更年期障害の治療で動悸やのぼせを抑える

ところで、なぜ更年期障害では動悸がしたり、のぼせたりするのでしょう?
そういった症状は自律神経の乱れによって起こります。
脳内の視床下部という所が女性ホルモンのエストロゲンを放出するよう、卵巣に司令を出しても、老化によって衰えた卵巣が十分な量のエストロゲンを分泌できないと、その結果は視床下部にフィードバックされます。
視床下部は同じ司令を卵巣に何度も出し続け、それに卵巣は十分応えられないという事を繰り返しているうちに、視床下部のコントロール機能が狂ってしまいます。
視床下部は自律神経の調節も司っているため、自律神経失調症となって、血圧や心臓の鼓動などの調整も狂ってくるのが更年期障害です。
のぼせやほてり、動悸など更年期障害の治療はホルモン補充療法(HRT)や、漢方を用いる方法、それと同時に食事療法を行う事もあります。
特にのぼせやほてり、息切れ、動悸などを改善するための更年期障害の治療で即効性が期待できるのは、ホルモン補充療法(HRT)です。
HRTが体質に合わない方は漢方で治療することもできますが、その場合も、専門医の診断とアドバイスは必要です。

Sponsord Link