更年期障害 治療 便秘

Sponsord Link


更年期障害の治療で便秘も治す

更年期障害の様々な辛い症状は、視床下部から命じられた「エストロゲンを分泌せよ」という司令に対して、加齢によって老化した卵巣が十分応えられなくなり、視床下部が何度も司令を出し続け、やがて混乱する事によって起こります。
視床下部は自律神経のコントロールも司っているので、乱れると自律神経失調症になってしまうのです。
腸の蠕動運動も自律神経にコントロールされていて、不調になるとスムースに働かなくなり、便秘や下痢を患ってしまう方も多いようです。
更年期障害が原因で便秘になってしまった場合は、ホルモン補充療法(HRT)など更年期障害の治療を行えば、便秘や頭痛、のぼせなど、他の症状も改善する事ができます。

 

更年期障害の治療以外で便秘を治す

主な症状が便秘だけという方は、便秘の治療に特化した治療、例えば便秘に効く市販薬や漢方を試してみる、という選択によって便秘を改善する事もできます。
「命の母A」などの生薬や漢方などで便秘改善に良いでしょう。
エストロゲンなど女性ホルモンは含有してないので根本的な更年期障害の治療にはならないかもしれませんが、便秘や頭痛、肩こり、ほてり、のぼせなどの辛い諸症状の改善は期待できます。
実際には更年期障害に苦しむ方の症状が便秘だけというケースは少なくて、殆どの方が「のぼせ」や「ほてり」、いらいら、肩こりなど複数の症状に悩まされています。
そういった更年期障害の諸症状をまとめて改善する事ができるとしたら、ホルモン補充療法は健康保険もききますし、ある意味コストパフォーマンスが高い治療方法ですよね。
それでも、やはりホルモン補充療法は体に合わない、という方もいらっしゃいます。
そういう方にはホルモン補充療法に固執せずに、他の方法で便秘を治せばいいのです。
まずは決まった時間に3食キチンと食べる、食物繊維を摂る、なるべく毎日続けられる運動をする、こまめに水分の補給をする、など生活習慣を改めて治していきましょう。

Sponsord Link