更年期障害 治療 めまい

Sponsord Link


更年期障害の治療でめまいを治す

更年期障害の症状に苦しむ方は女性ホルモンの分泌が不十分なため、どうしてもカルシウム不足になります。
そのため三半規管に耳石が入り込みやすくなり、回転性のめまいを引き起こす事もあります。
立ち上がった時の立ちくらみのようなめまいは、更年期障害で高血圧や貧血気味になっている事が原因かもしれません。
更年期障害でのめまいは、自律神経失調により血圧の調整がうまくできなくなって、脳の血流が滞る事が主な原因と言われています。
更年期障害の諸症状がはっきりと表れる前兆症状として、めまいがする事も結構あるようです。
そのまま診察を受けずに放置すると、本格的な更年期障害が出てくる事もあるので注意が必要です。
めまいは、経験がある方はよくご存じだと思いますが、なかなか辛いものです。
グルグルと目が回る回転性の目まいと、フラフラと浮いてるような目まいがありますが、回転性目まいは気分が悪くなって嘔吐しそうなぐらいです。
更年期障害のめまいの場合は、ふわふわとした浮動感を伴うめまいが多いようですが、それでも終日安静を余儀なくされてしまい、日常生活で活動が妨げられてしまいます。

 

更年期障害の治療にこだわらず、めまいを治す

めまいなど更年期障害の治療としては、やはり更年期障害の根本的治療のための女性ホルモン補充法(HRT)が、まず挙げられます。
それによって自律神経失調症が改善し、血圧やコレステロールが正常値に戻れば、めまいも治る可能性があります。
その他にも、カルシウムを補って耳石を防ぐ事も効果的です。
肩や首が凝っているのもめまいの原因になるので、よくもみほぐしたりして、凝りを解消するのもいいですね。
のぼせやほてりなど更年期障害に特有な症状を伴わない場合は、それ以外の脳梗塞や脳血栓、高血圧など、他の病気の恐れもあります。
婦人科以外の耳鼻咽喉科や脳神経外科などでも診てもらった方が良いでしょう。

Sponsord Link